せきをする女性

インフルエンザ流行レベルマップとは、国立感染症対策が発表している流行状況のまとめです。
約全国5,000か所のインフルエンザを診察する医療機関を受診した患者数を週ごとに把握して、どこの県で流行をしているか、また流行のどのような特徴があるのかを流行レベルマップで知ることが出来るようになります。
インターネットのサイトを見てみると、この流行レベルマップを確認することが出来ます。
はじめは掲載される日本地図が真っ白なのですが、インフルエンザの流行に伴って、その色が黄色、ピンク、そして警告レベルになると赤く変化してきます。
そのために、この地図を確認するだけで、どこの地域で流行っているのかが一目瞭然すぐにわかるようになるのです。
この報告は各都道府県が定点の医療機関を取りまとめて数を出していきますが、一定の患者数を超えると、警告レベルといわれるようになります。
そうなると、とても注意が必要ということになるのです。
インフルエンザは毎年流行るものであり、その予防は、とにかく感染を予防するということにつきます。
個人で感染予防できることは、流行前に病院で予防接種を受けること、そして常日頃から、手洗いやうがい、マスク着用など予防対策に努めること。
また室内では加湿器を使用したり、不特定多数の場所に出入りをしない、そして帰宅して家の中にウィルスを持ちこまないなどの予防が大切になります。
インフルエンザが一旦流行をすれば、どこでインフルエンザに関するか予測ができません。
そんな時にこのインフルエンザ流行レベルマップを見て流行している地区に住んでいるならば、特に気を付けようと心掛けが出来るようになるのです。
また常に意識するようになるので、とても役に立つのです。